男と女のトラブル

不倫裁判の裁判費用は?慰謝料でまかなえる?

不倫裁判の裁判費用は、慰謝料でまかなうことができるの?

と言う方に

裁判費用と慰謝料の具体的な相場から、「不倫裁判を有利に進めるにはどうしたら良いの?」という疑問まで

詳しく説明していきます!

パートナーの不倫行為に悩んでいる方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

不倫裁判でかかる裁判費用

まずは、不倫裁判でかかる費用の相場を見ていきましょう。

不倫裁判を起こす際には、裁判に必要な訴訟費用と、弁護士を雇う場合は弁護士費用がかかります。

訴訟費用とは、訴状をはじめ、収入印紙や、文書を送るための郵便料のことを言います。

郵便料は数千円分くらいのものですが、収入印紙は請求金額によって額が変わります。

たとえば、請求額が100万円であれば1万円の印紙ですが、200万円の場合は1万5千円の印紙となります。

訴訟費用は基本的に、不倫裁判の敗訴者が負担することになります。

弁護士費用は、弁護士に支払う費用のことです。

弁護士を雇う場合と雇わない場合でかかる費用が変わるので、それぞれ詳しく紹介していきます。

弁護士を雇うケース

弁護士を雇う場合は、まず着手金が20万~30万円かかります。

着手金は、裁判の勝ち負けに関係なく支払う必要がありますよ。

それに加えて、また弁護士への相談料が、1時間で5000円からかかります。

また、裁判で勝てた際には慰謝料の10~20%を弁護士に支払うため、弁護士費用の相場は約30~50万円となります。

「弁護士を雇う必要はあるの?」と思われるかもしれませんが、不倫行為が原因で起こす民事裁判は書面のやり取りが中心です。

ドラマのような、口頭で話を聞いてくれる調停を裁判所は設けてくれないので、どのような書面を提出するかが重要になります。

そのため、裁判所に提出する書面の作成経験がない人は、専門家である弁護士に依頼をすべきだといえます。

裁判を有利に進めるために、積極的に弁護士を頼りましょう。

弁護士を雇わないケース

弁護士を雇わない場合は、訴訟費用だけで裁判を起こすことができます。

ただし、弁護士を雇わない分、慰謝料請求の成功率は下がります

不倫をしたパートナーや不倫相手は慰謝料を素直に払うとは限りませんよね。

さまざまな言い訳を用意していることもあり、せっかく揃えた証拠も台無しになってしまう可能性があります。

弁護士を雇うと費用がかかってしまいますが、場合によっては弁護士費用を上回る慰謝料請求ができることもあります。

無料で相談のできる弁護士事務所もあるので、悩んだ際は気軽に相談をしてみてください。

不倫行為による慰謝料の相場


それでは、慰謝料の相場をケース別に紹介します。

具体例を参考にしながら、慰謝料の相場をイメージしていきましょう。

ケース①不倫1回

不倫が1回目の場合、慰謝料の相場は約50~200万円になります。

金額の差が大きいのは、不倫行為が1回だけだと言い逃れをされてしまうことが多いからです。

そのため、慰謝料の請求額を上げるためには、専門家の協力が必要になります。

確実に不倫行為をしたとされる証拠を手に入れることが、慰謝料を高額にするカギになります。

ただし、相手が不倫行為を認め謝罪の意思がある場合や、不倫行為が1回だけだと、慰謝料を減額されるケースもあるので、覚えておいてくださいね。

ケース②不倫2回以上

不倫が2回以上の場合は、約300万円前後の慰謝料を請求することができます。

不倫1回の時に比べて、請求できる慰謝料が大きく上がりますね。

ただし、裁判を成功させるには重要なポイントがあります。

不倫行為以前の夫婦関係が良好であれば成功する確率が高いですが、以前から夫婦関係が上手くいっていない場合には、慰謝料が減額されたり、慰謝料の請求が棄却されることもあります。

一方で、良好な夫婦関係が長く続いていたにも関わらず、パートナーが長期に渡って不倫行為をしていたなど、不倫に積極性があるとみなされた場合は慰謝料の増額が見込めますよ。

ケース③不倫で離婚した場合

相手の不倫が原因で、夫婦関係が悪くなり離婚になるケースもありますよね。

その場合、慰謝料の相場は約200~400万円とされています。

不倫は精神的苦痛が大きいため慰謝料は高額になりますが、当事者同士の話し合いで、相場よりも低額で済まされることもあります。

反対に、不倫をした配偶者の収入によって、相場よりも高くなるケースもあります。

ケース④不倫で離婚も別居もしなかった場合

不倫行為はあったけれど離婚や別居をしなかった、という場合にも慰謝料を請求することができます。

この場合の慰謝料の相場は、約50~100万円とされています。

請求できる金額がガクッと下がるのですが、これは「夫婦関係が破綻しなかったということは、不倫行為による損害が少なかった」とみなされてしまうからです。

とはいえ、子どもがいたから離婚も別居もできなかった、という人もいますよね。

その場合は、夫婦関係は破綻したとみなされるので、離婚をした場合と同等の慰謝料を請求することが可能です。

ケース⑤不倫でも不貞行為がなかった場合

不倫は不貞行為がない場合もあります。

不貞行為がない場合は証拠を掴みにくいのですが、この場合も数十万円の慰謝料を請求することが可能です。

不貞行為がないケースは、不貞行為があった場合に比べて慰謝料は少なくなりますが、平穏な夫婦生活を害した度合いによって金額は変わります。

そのため、少しでも多く慰謝料を請求したい方は、専門家である弁護士に相談をしましょう。

不倫裁判(慰謝料請求)の流れ


書面や口頭でのおおまかな流れは下記の通りです。

  1. 不倫の証拠を入手する
  2. 不倫相手の基本情報を収集する
  3. 慰謝料請求額を決める
  4. 示談書(合意書・和解書)を作成する
  5. 調停又は訴訟を行う

1.不倫の証拠を入手する

不倫相手に対して慰謝料を請求するには、配偶者と不貞関係にあった事実が分かる証拠が必要です。

裁判で通用する確かな証拠写真・動画などを入手するには、信頼できる探偵事務所に依頼することをおすすめします。

あわせて読みたい
探偵に浮気調査を依頼したい!調査内容や費用相場・選び方を徹底解説「探偵にお願いすると浮気の証拠が確実にゲットできる!」 「探偵に浮気調査を依頼して、夫から慰謝料を請求することができた」 こ...

2.不倫相手の基本情報を収集する

不倫の慰謝料請求書面には不倫相手の名前と住所が必要になります。

ダブル不倫の場合は、不倫相手の配偶者から逆に慰謝料を請求される可能性があります。

そのため、不倫相手の家族構成、勤務先、役職なども把握しておくとよいです。

3.慰謝料請求額を決める

不倫によって受けた精神的損害の大きさ、不倫相手の支払い能力などを考慮して、慰謝料請求額を決定します。

不倫問題に詳しい弁護士など専門家と協議して決めることをおすすめします。

4.示談書(合意書・和解書)を作成する

不倫相手が支払う慰謝料金額、支払い時期が決定したら、万が一、紛争を防ぐための示談書(合意書・和解書)を作成します。

5.調停又は訴訟を行う

内容証明郵便等を送付し、不倫相手に不倫の慰謝料を請求して無視をされるケースも少なくありません。

話し合いで解決させることは難しい場合、家庭(簡易)裁判所で調停を行い、問題を解決します。

不倫裁判でかかる期間


不倫裁判にかかる期間は、判決が出るまでに1年以上かかることを覚悟してください。

訴状を提出してから、第1回口頭弁論が開かれるまで、1~1か月半はかかります。

その後は、月に1回程度、弁論期日又は弁論準備手続期日が指定されます。

不倫の慰謝料請求には3年の消滅時効があり、時間が経過してしまうと、証拠が弱くなったり、証人と連絡が取れなくなるリスクがあります。

証拠や書類など必要な準備ができたら、訴えを提起することが望まれます。

不倫裁判のメリット・デメリット

不倫裁判のメリット

  • 相手へのプレッシャーを与えられる
  • 事実をハッキリさせられる
  • 適正な慰謝料額を決められる
  • 慰謝料を強制的に支払わせることができる
  • 裁判上の和解や裁判外の交渉がスムーズになる
  • 弁護士費用や遅延損害金にかかる分も請求できる
  • 裁判官による適正な判断ができる

裁判を起こせば、不倫相手が不誠実な態度であっても最終的に判決ができるので決着がつきます。

支払を命ずる確定判決によって、不倫相手は逃げることができず、相手の給与や預金を差し押さえることができます。

不倫裁判のデメリット

  • 期間や時間がかかる 
  • 費用がかかる
  • ストレスが溜まる
  • 予想よりも悪い結果になる可能性もある

裁判期日は1ヵ月~2ヵ月おきに設定されるので、時間や費用など負担が大きくなり、ストレスが溜まります。

不倫裁判を起こすことで、被害者も心身ともに不安定になり、日常生活や仕事に支障をきたすことも。

裁判の判決内容は予測通りになるとは限りませんので、後悔する可能性もゼロではありません。

不倫裁判の裁判費用と慰謝料のまとめ

  • 裁判には、訴訟費用と場合によっては弁護士費用が必要
  • 弁護士費用は、30~50万円が相場
  • 不倫1回の相場は、50~200万円
  • 不倫2回以上の相場は、300万円前後
  • 離婚した場合は相場は、200~400万円
  • 別居をした場合の相場は、100~200万円
  • 離婚も別居もしなかった場合の相場は、50~100万円
  • 不貞行為がなかった場合の相場は、数十万円
あわせて読みたい
どこから不貞行為?離婚で浮気相手からも慰謝料を取れる証拠を絶対取る!! 「夫が浮気をしていたので、離婚裁判で慰謝料を取りたい」 「どこからが浮気で、慰謝料と取れるのか?」 このような疑問...