男と女のトラブル

【不倫の定義】どこからが不倫?キスや手を繋ぐのは不貞行為になるの?

日本の離婚率は約35%となり、厚生労働省の調査によると離婚件数は22万件に上ります。

今や3組に1組が離婚する時代ですが、その離婚の原因はほとんどが「不倫」だと言われています。

もし、夫や妻に不倫をされたらどういう流れで、いくら慰謝料を請求できるのでしょうか?

今回は、不倫の定義や証拠集め、費用、注意点などを詳しく解説していきます。

夫や妻に不倫疑惑があり、悩んでいる方は最後まで参考にしてみてください。

不倫の定義は?どこから不倫と呼べるの?


女性達の会話の中で「どこから浮気?」「どこから不倫?」という話題になりますが、法律的にはどうなのでしょうか?

そもそも法律には「不倫」という言葉は登場せず、「不貞行為」があったかが争点になります。

不貞行為とは、配偶者または内縁の人以外と性行為をすることが該当します

つまり、どこから不倫なのかと言えば「性行為をしたら不倫になる」と考えるのが正解です。

気をつけたいのは、手をつないだりキスをするのは不貞行為に当たりません。

夫が他の女性と路上でキスをしたり、手をつないでいることが発覚しても、法律上は不貞行為にはならないのです。

不倫を断定できる不貞行為とは「性行為をしたか」どうかがポイントとなります。

あわせて読みたい
「どこからが不貞行為?」慰謝料が取れる浮気の証拠を入手する方法 「夫が浮気をしていたので、離婚裁判で慰謝料を取りたい」 「どこからが浮気で、慰謝料と取れるのか?」 このような疑問...

離婚できる不倫の条件とは?

では、不倫が原因で離婚ができる時はどういう時でしょうか?

民法上で裁判所に訴えることができるのは以下の5つの条件です。

※離婚できる条件

1.相手が不貞行為をしていた
2.相手を捨てて家出をした、相手を追い出した
3.相手と音信不通が3年以上続いている
4.相手が重度の精神病で回復しない
5.結婚生活を継続しづらい理由がある

この中で不倫に該当するのは1と5です。

配偶者が不貞行為があったと分かったら、離婚したいと訴えることができます。

確定的な性行為の証拠がなくても、ラインで仲の良い会話やキスの写真を見つけても、『5.結婚生活を継続しづらい理由がある』に該当します。

精神的にダメージを受けて一緒にいられないと思ったら裁判所に言える可能性はあります。

つまり、不倫とは不貞行為であり、不倫相手と性行為をしたことが条件ですが、不貞行為がなくても離婚すると言うことは可能です。
 

不倫の慰謝料はどれくらい?

では、気になる不倫の慰謝料はどれくらいなのでしょうか?

不倫のケースは人により状況がそれぞれですが、大体の相場は以下の通りです。

簡単に3パターンに分けて相場を見ていきます。

不倫の慰謝料の相場

1.性行為の末に離婚した場合→200万~300万
2.キスやラインのやり取りが原因で離婚した場合→ケースによる
3.性行為はあったが離婚はしない場合→100万~200万

慰謝料とは精神的な苦痛を和らげるために支払われるものですから、不貞行為の有無により慰謝料の額は異なります。

例えば、夫のスマホの中にキスの写真やラインのラブラブメールがあっても、肝心な性行為をしたかどうかの証拠がなければ、2までに留まってしまいます。

不貞行為を立証すれば1に該当して、慰謝料を結婚相手と不倫相手の両方に請求することが可能です。

将来のことを考えて、子供のために不貞行為による慰謝料を請求するには、不貞行為の証拠を揃えることが最も重要です。

不倫の長さや回数で慰謝料は変わるの?

不倫相手との性行為が証拠として集まれば、慰謝料を請求することが分かりました。

では、不倫している期間(長さ)や回数で慰謝料は変わるのでしょうか?

当然ながら、不貞行為の回数が多く、期間長いほど精神的な苦痛が大きくなると予想されるので、慰謝料も高くなることが多いです。

裁判所の判断にもよりますが、精神的なダメージが強いと予想されるものは慰謝料が高くなります。

不倫の証拠!不貞行為を見つける方法

不倫で慰謝料を請求するには、性行為の徹底的な証拠を集めることが大切です。

ここからは、有効的な不貞行為を見つける方法をご紹介します。

例えば、LINEやメールのやりとりを写メすること、そしてクレジットカードの明細書、ラブホの会員カード、財布のレシートなどは証拠になります。

ラブホで支払ったカード明細やラブホに2人で入り、2人で出てきた写真などは不貞行為を立証できます。

しかし、これらは「ラブホに行ったけど性行為はしなかった」という言い訳をされるため弱い証拠です。

ラブホテルで使ったカードの明細書とLINEのやりとりの時間帯が同じ場合、強い証拠となります。

弱い証拠の場合は多くの弱い証拠を集めて強くしなければなりません。

強い証拠を集めるために探偵に依頼する方法もあります。

これはダメ?不貞行為の証拠にならないもの

不貞行為の証拠になっても、それだけでは立証しづらい証拠は以下の通りです。

  1. 不倫相手からの着信履歴
  2. 待ち合わせのLINEのやりとり
  3. デートで使ったと思われるクレカの明細・領収書
  4. カーナビの記録
  5. 手をつないでいる・キスをしている写真
  6. 友人の目撃証言

以上の証拠は単体ではなかなか不貞行為を立証するのは難しいと言えます。

多くの証拠を集めたり決定的な証拠が必要になります。

証拠探しに相手のLINEを勝手に見るのは違法?

証拠探しに相手のLINEを勝手に見るのは違法にならないのでしょうか?

気をつけたいのは、やり方を間違えるとプライバシー権の侵害になるので注意が必要です。

夫のLINEのアプリを勝手に開いて、勝手に見る行為はプライバシー権の侵害になる可能性があります。

しかし実際は、裁判所はこの程度は問題にせず、LINEの写メを証拠に残すためだったと理解してもらえることが多いです。

逆に、不倫がバレた夫が勝手にLINEを見られたのでプライバシー権の侵害で訴えたいと思う方もいるかと思いますが、これは裁判に勝つのはほぼ無理です。

不倫をしたのに妻を訴えるのは都合が良すぎると判断されるからです。

証拠探しで気をつけたいのは、スマホやパソコンで相手のメールアドレスやパスワードを利用して勝手にログインすることです。

アプリを勝手に開いてみるのは許されることがあっても、勝手にログインすると不正アクセス禁止法に触れるのでNGです。

相手が警察に相談すると刑事罰の対象になりますので注意が必要です。

あわせて読みたい
【弁護士に取材】不倫で慰謝料もらうための証拠の集め方や離婚のあれこれちょっと前にドラマ「昼顔」が話題になり、最近では芸能界の「不倫スキャンダル」を多く目にするようになりました。 また離婚の原因のほと...

離婚調停と裁判費用・弁護士費用はどれくらいかかるの?


では、離婚調停や裁判の費用はどれくらいお金がかかるのでしょうか?

離婚調停は1万円くらいですが、裁判になると請求する慰謝料の額により異なり、500万円請求したとすると4万円程度です。

弁護士費用は事務所により異なりますが、着手金30万円~50万円、報酬額30万円~50万円が相場です。

これらの費用は勝訴判決となれば、不倫した人が負担するとの命令が下されます。

しかし、実際は裁判を起こす人(不倫された方)の負担となることが多いです。
 

裁判は調停で決着するのがコツ?

不倫問題でよくあるのは、ラインで不倫相手とのやり取りを見つけて喧嘩をすると、証拠が集めが困難になります。

相手は警戒して、LINEのやりとりを削除したり、ラブボ会員カードを捨てたり証拠を捨てるでしょう。

そのため、不貞行為を立証するには大ケンカするより着実に証拠を集めることが大切です。

不倫問題の場合約80%は裁判まで行かずに、交渉や調停で決着することが多いです。

慰謝料に納得行かない場合や離婚するかしないかでもめると裁判までに発展してコストもかかります。

まとめ

今回は、不倫の定義や証拠集め、費用、注意点などを詳しくみていきました。

不倫とは不貞行為であり、不倫相手と性行為をしたことが条件なので、確かな証拠集めがカギとなります。

しかし、不貞行為のはっきりした証拠がなくても離婚したいと言うことは可能です。

気になることは、まずは離婚問題に強い弁護士に相談することをおすすめします。