HOME浮気発見エピソード20代前半で、幼馴染の彼女と結婚しました。

浮気発見エピソード

20代前半で、幼馴染の彼女と結婚しました。
20代男性
20代前半で、幼馴染の彼女と結婚しました。
結婚も全て絵に書いたように順調に済み、
お互いの実家の中間地点あたりに新居を構えました。
その年末、私が酔っ払い運転の巻き添えで交通事故に遭い、足をやられて1ヶ月ほど入院を与儀なくされたのです。
リハビリも終えて、なんとか杖が必要だけれども生活には支障がない程度回復、
退院を目前にした頃、医者に呼ばれて経過報告を受けたとき、衝撃の事実を聞かされました。
事故の後遺症で無精子症になってしまったと。
まだ新婚だったし、家も立てたばかり。
なによりも妻は子供大好き。
この事実をどう説明しようかと、退院してからもしばらく悩んでいたところ、
妻が「妊娠した」と嬉しそうに報告してきたのです。
自分の子供ではないことは確実。
目の前が真っ黒になりました。

嬉しそうにする嫁とは反対に私はもう真っ青。
嫁がその状態に気づいて「嬉しくないの?」と不満げに言ったところで、
私は事故の影響で無精子症になってしまった事。
この事を告げるかどうかこの数ヶ月悩んでいた事。
正直に告白しました。
最初妻は断固として認めず、自分の妊娠が私との子供だと言い張りました。
結局怒って実家に帰った妻の両親から、後日お詫びの挨拶がありました。
私のリハビリ担当だった年配の男性と一度関係を持ってしまい、子供はその人の子供だと。
私の怒りも十分に理解できるが、子供ができないと分かった以上娘(妻)を必要以上に詰めないでくれ。
そんなことを言われ、今後どうするのか、と両家を交えての話し合いになりました。
私の気持ちは離婚で固まっていたし、妻も離婚の意思が固く、お互いに慰謝料などの話はせずにスッパリと離婚しました。
今はシングルマザーとして子供を両親と共に育てているようです。
私は変わらず一人ですが、元妻が子供を一人で育てている姿を見ると、あの時別れるべきだったのかを考えてしまいます。

原一探偵事務所についてのご案内【動画】
違法調査は致しません。
原一について
はじめてご依頼をお考えの方へ テレビ番組調査協力実績 ご依頼いただいたお客様の声 調査員のご紹介 浮気調査オンライン見積り
コンテンツ
浮気エピソード 原一推奨の盗聴器発見機 探偵110番 対談 原一探偵探検記 ブロガー対談 神取忍さんと対談 採用情報
中国語サイト
その他
浮気調査オンライン見積り
クレジットカードでの支払いもOK!
お支払いにはJCB・VISA・MasterCard・American Express・Dinersの提携カード(クレジットカードにいずれかのロゴがあるもの)すべてがご利用いただけます。