HOME浮気発見エピソード浮気相手にやられた報復

浮気発見エピソード

浮気相手にやられた報復
30代女性
結婚して10年、浮気を初めて3年。
絶対バレないように浮気を続けていたのだが、浮気相手に罠を仕掛けられた。
基本的に口が堅くて大人しい女性だけに絞って、ひっそりと浮気を愉しんでいたのだが、 そのうちの一人が執着を見せてきたので、別れを切り出した。
そうしたらあれよあれよという間にストーカーっぽくなってしまった。
毎回駅周辺で待ち伏せされ、付きまとわれるのに嫌気がさしつつも、 状況が面白すぎてあまり真剣に相手にしてなかった。
ある時とうとう女性が俺の相手をしても無駄だと悟ったようで、向こうから別れを切り出してきた。
俺も十分に楽しんだし、最後あたりは若干身の危険も感じ始めていたのもあったので、 別れと同時に、すべての女性関係を清算することにした。
これまで3年、家族にもバレずに浮気を愉しんだんだし、 ここで浮気を卒業して、以降家族第一に生活をしても良いなと思っていた。

そして夜、家に帰った出迎えてくれた妻が俺が脱いだジャケットを片づけようとして悲鳴をあげた。
「これ」といって差し出してきたのは、スーツのジャケットの背中部分に張られた得たいの知れない紙。
ただ、その紙が見た感じへんな呪詛っぽい禍々しい紙だった。
俺自身もいつつけられたのか記憶にないが、考えられるのはあの浮気相手だし、 妻にも紙に書いてあった「この浮気男」と書かれた文字を見られてしまっていて、 言い訳も苦しかった。なによりも家に帰るまでこの紙をずっと周囲に見せて歩いてきたのかと思ったら一気に寒気と怒りが起こった。
泣き出しそうな妻に塩を持ってくるように言って、気休め程度に体に塩を振った。
それ以降とくに体調や現状に変化はないが、近所にはあの呪詛の話が噂で広まってしまい、 居づらくなったのもあり、来月別の地区に引っ越しをすることにした。
浮気なんていうものは何も良い事はないっていうのを今更ながらに悟った。



原一探偵事務所についてのご案内【動画】
違法調査は致しません。
原一について
はじめてご依頼をお考えの方へ テレビ番組調査協力実績 ご依頼いただいたお客様の声 調査員のご紹介
コンテンツ
浮気エピソード 原一推奨の盗聴器発見機 探偵110番 対談 原一探偵探検記 ブロガー対談 神取忍さんと対談 採用情報
中国語サイト
その他
浮気調査オンライン見積り
クレジットカードでの支払いもOK!
お支払いにはJCB・VISA・MasterCard・American Express・Dinersの提携カード(クレジットカードにいずれかのロゴがあるもの)すべてがご利用いただけます。