HOMEQ&A > 浮気調査は「ストーカー」になりませんか?

Q&A

浮気調査は「ストーカー」になりませんか?
40代女性
【相談カテゴリ】浮気調査
千葉県にお住まいの40代前半の女性からの相談です

夫の浮気調査をお願いしようと考えていましたが、友人から「ストーカー規制法とか個人情報保護法違反になるため、 証拠が取れても裁判では証拠として採用されない」と言われました。
調査をお願いする事は違法な事なのでしょうか?
【調査員 福田からの回答】
違法ではありませんし、裁判でも証拠として通用します。

旦那さんが浮気をしていれば、慰謝料の請求が出来ます。
つまり、探偵社が行なっている事は、民事裁判に係る証拠収集です。
依頼する事は、何ら違法性は有りません(仮に旦那さんが調査の結果「白」であってもストーカーではありません)。

ただ、注意しなければならない事は、証拠収集の過程で探偵社が違法な手段を用いた場合(盗聴する。工作をする等)、証拠として認められないケースがあります。

又、せっかく証拠が取れても、報告書の内容が乏しく、信用出来ない場合(大手の探偵社ではありえませんが…)等も証拠として採用されない場合があります。

また、収集手段に違法性が無くても、報告書の使い方によっては(撮影された写真をばら撒く等)何らかの法律に抵触する恐れがありますので報告書の取り扱いには、十分にご注意ください。

調査員福田
原一探偵事務所についてのご案内【動画】
違法調査は致しません。
原一について
はじめてご依頼をお考えの方へ テレビ番組調査協力実績 ご依頼いただいたお客様の声 調査員のご紹介 浮気調査オンライン見積り
コンテンツ
浮気エピソード 原一推奨の盗聴器発見機 探偵110番 対談 原一探偵探検記 ブロガー対談 神取忍さんと対談 採用情報
中国語サイト
その他
浮気調査オンライン見積り
クレジットカードでの支払いもOK!
お支払いにはJCB・VISA・MasterCard・American Express・Dinersの提携カード(クレジットカードにいずれかのロゴがあるもの)すべてがご利用いただけます。