HOMEQ&A> 夫が浮気をしています。女性と2人で食事をしたことは認めました

Q&A

夫が浮気をしています。女性と2人で食事をしたことは認めました
40代女性
【相談カテゴリ】浮気調査
[栃木県にお住まいの40代前半の女性からの相談です]

夫が浮気をしています。女性と2人で食事をしたことは認めましたが、それ以上の関係は無いと言って絶対に認めません。
いくら何を言っても話をゴチャゴチャにしてしまい、最後はもっともらしい事を言われ渋々納得せざる得ない状況に追い込まれてしまいます。どうしたら良いでしょうか?

【調査員 福田からの回答】
例えば、家を改築する際、トイレを増やそうとしたら水不足を理由に断られた人がいます。地球規模の水不足が予想されており更にCO2削減やゴミの分別等、地球環境に配慮する事はもはや国民の義務の様になっています。どうしてもトイレを増設したい!となりますと、交渉事が“トイレ増設VS環境問題”の議論に発展してしまい歩が悪くなります。環境問題を盾に“将来の子供の為!”とか“親の借金を子どもに回すのか!”“きれいな地球を守ろう!”などともっともらしい事を言われると、トイレ増設と云う話題は個人のエゴにしか聞こえません。もはや何を言っても悪者なります。

しかしトイレが増えても使用する回数は変わらないので、トイレが増えたからと言って水不足を助長・促進させる事にはなりません。話しの論点がトイレ増設から環境問題にすり替えられ論点がボケてしまい、さらに社会正義を盾にされたので納得せざる得ない状況を作り込まれてしまったわけです。

以前にも書きましたが、言いくるめられてしまう人はだいたい論点をどんどんずらされて、本来至るはずの結論とは大きくかけ離れたところに着地してしまうのです。ずれない様にするには、まず証拠です。証拠が有れば話がズレても元に戻すことが出来ます。具体的に証拠が取れたらどうするのか? それは、証拠が取れてから考える事です。
調査員福田
原一探偵事務所についてのご案内【動画】
違法調査は致しません。
原一について
はじめてご依頼をお考えの方へ テレビ番組調査協力実績 ご依頼いただいたお客様の声 調査員のご紹介
コンテンツ
浮気エピソード 原一推奨の盗聴器発見機 探偵110番 原一探偵探検記 ブロガー対談 神取忍さんと対談 採用情報
中国語サイト
その他
浮気調査オンライン見積り
クレジットカードでの支払いもOK!
お支払いにはJCB・VISA・MasterCard・American Express・Dinersの提携カード(クレジットカードにいずれかのロゴがあるもの)すべてがご利用いただけます。