HOMEQ&A>撮って頂いた写真等を相手に見せて怒ったりしないでしょうか?

Q&A

撮って頂いた写真等を相手に見せて怒ったりしないでしょうか?
40代女性
【相談カテゴリ】浮気調査
[静岡県にお住まいの40代前半の女性からの相談です

調査を依頼したいのですが、撮って頂いた写真等を相手に見せて怒ったりしないでしょうか?言い逃れたりしないでしょうか?

【調査員 福田からの回答】
怒りだす人もいると思います。
人に知られたくない事を知られる訳ですから良い気分な訳がありません。
「誰だ!こんな写真撮ったヤツは!」に対して「探偵」と答えると正直角が立つ場合も有ります。それを回避するには、時には探偵が動いた事実そのものを伏せる事も必要です。

一例として、女性と共にと写っている写真を旦那さんに見せるにしても“誰が写したのか?”が問題ではなく、“その女性が誰なのか?”が問題な訳です。
「友人が撮った」と言えば、「誰!?」と聞かれます。
「○○さん」と友人の名前を出せば「今すぐ連れてこい」とか「そいつとグルになって俺をはめる気だな!」と言われます。「言えない・教えられない」と答えれば「教えろ・教えない」の押し問答になるだけです。探偵が撮ろうが友達が撮ろうが関係ありません。その論点で論争になってしまったら負けです。すでに問題の論点をすり替えられています。

最終的に「誰が撮ったか言えない様な写真は本人の了解を得ていない隠し撮りだから(探偵が撮った場合も同じく)証拠にならない!」などと言われ反論できなくなります(お断りしておきますが、当社の撮影した写真は違法ではありません。
堂々と反論できますが論点がずれているので割愛します)。
この場合、出どころ云々で反撃するのではなく、出どころがどうあれ、相手は写真の内容に関して否定していない訳ですから事実上認めた事になる訳です。
「要するに、隠し撮りされた事実を認めるんですね!」と反撃して論点を戻す必要があります。
隠し撮りか否かで反撃すればどんどん論点がずれて行くので相手の思う壺です。論点をずらされない様に気をつけなければなりません。
怒るかどうかは本人の性格によるところが大きいので何とも言えませんが、言い逃れされる場合は、論点をずらされているパターンが非常に多いので気をつけて下さい。


調査員福田
原一探偵事務所についてのご案内【動画】
違法調査は致しません。
原一について
はじめてご依頼をお考えの方へ テレビ番組調査協力実績 ご依頼いただいたお客様の声 調査員のご紹介
コンテンツ
浮気エピソード 原一推奨の盗聴器発見機 探偵110番 原一探偵探検記 ブロガー対談 神取忍さんと対談 採用情報
その他
浮気調査オンライン見積り
クレジットカードでの支払いもOK!
お支払いにはJCB・VISA・MasterCard・American Express・Dinersの提携カード(クレジットカードにいずれかのロゴがあるもの)すべてがご利用いただけます。