HOME探偵110番 > 調査延長の際に気をつけておくこと

探偵110番

調査延長の際に気をつけておくこと

●調査延長の際に気をつけておくこと

探偵に調査を依頼した場合、調査期間の延長も考えられます。
ここでは、調査延長の際に、気をつけておくことをお教え致します。

まず、調査期間が延びれば、延長料金の加算も考えられます。
契約時に調査期間の確認と、延長料金がどれくらいかかるか、きちんと確認をおこなっておきましょう。

●調査が延長するケース

・短時間での調査延長
 たとえば、22時までに対象者に動きがなければ、予定の終了時間(23時)をもって調査を終了しますが、
 もし、調査終了時間の10分前にターゲットの動きがあれば、調査延長を検討します。
 ※延長を行う場合、通常の探偵であれば、調査延長の有無を依頼者に確認を行います。

・予定していた調査日時にターゲットの予定がキャンセルになった、浮気がなかったケース
 調査日時にターゲットが浮気をしなかった場合に、調査の延長を検討します。

また、下記のような場合は、警戒心が強く、なかなか証拠がつかめないパターンとなります。

・依頼者が対象者に調査をほのめかした事で警戒している
・過去に調査を行って気づかれた経緯がある
・離婚裁判中である…等

ターゲットの性格や行動パターンをよく探偵社に伝え、場合によっては、
調査の延長も視野にいれた契約を行うことをお勧めします。

探偵社と契約する際、延長の料金や延長の方法など、しっかり確認が必要です。
原一探偵事務所についてのご案内【動画】
違法調査は致しません。
原一について
はじめてご依頼をお考えの方へ テレビ番組調査協力実績 ご依頼いただいたお客様の声 調査員のご紹介
コンテンツ
浮気エピソード 原一推奨の盗聴器発見機 探偵110番 原一探偵探検記 ブロガー対談 神取忍さんと対談 採用情報
その他
浮気調査オンライン見積り
クレジットカードでの支払いもOK!
お支払いにはJCB・VISA・MasterCard・American Express・Dinersの提携カード(クレジットカードにいずれかのロゴがあるもの)すべてがご利用いただけます。