HOME探偵110番 > 家族に対する調査「息子の家出を調査したい」 

探偵110番

家族に対する調査「息子の家出を調査したい」 

●親子でもプライバシーがあります。

探偵に調査を依頼する場合、プライバシー権に注意しなければなりません。

【プライバシー権とは】
 私生活上で秘密と名誉を第三者に侵害されない権利。
 日本の場合は、明確に憲法で規定されていないが、判例法上で認められているものがあります。

親子の場合でも、法律上、プライバシー権があります。
例えば、子供の手帳やパソコンなどを無断で見たり、探偵に情報提供をするなど、プライバシー権の侵害にあたりますが、全てが違法になるわけではありません。

●違法でない調査

では、どのような場合が違法でない調査になるのでしょうか?

・子供が未成年の場合
・子供が同居している場合
・全面的に子が親に依存して生活している場合
・突然子供が行方不明になった場合
・長期間、子供が行方不明になった場合

親は、子供に対する保護責任がありますので、上記のような場合はプライバシーに立ち入ることも許されます。
同居をしている場合は、他人と異なりある程度のプライバシーに立ち入ることが前提とされています。

ですので、同居していて突然いなくなり、行方が分からなくなった場合など、なんらかのトラブルに巻き込まれている可能性がありますので、この場合は、調査のため、パソコンや手帳などをみることは、止むを得ないとされることが多いのです。

また、逆に、 親子関係が著しく悪化している場合は調査方法によっては、損害賠償を請求される可能性がありますので十分に注意しなければなりません。
原一探偵事務所についてのご案内【動画】
違法調査は致しません。
原一について
はじめてご依頼をお考えの方へ テレビ番組調査協力実績 ご依頼いただいたお客様の声 調査員のご紹介
コンテンツ
浮気エピソード 原一推奨の盗聴器発見機 探偵110番 原一探偵探検記 ブロガー対談 神取忍さんと対談 採用情報
その他
浮気調査オンライン見積り
クレジットカードでの支払いもOK!
お支払いにはJCB・VISA・MasterCard・American Express・Dinersの提携カード(クレジットカードにいずれかのロゴがあるもの)すべてがご利用いただけます。