HOME探偵110番 > 結婚相手に対する調査「娘の結婚相手を調査したい」

探偵110番

結婚相手に対する調査「娘の結婚相手を調査したい」

●結婚相手の身上調査はプライバシーの侵害になりませんか?

生まれも育ちも全く違い、性格も好みも異なる人を生涯の伴侶と決めるには、十分相手のことを理解した上で
なければ決断は下せないはずです。

離婚歴があった、暴力癖があった、多額の借金があった、他にも交際相手がいた、他人に言えない癖や趣味が
あった。などという調査事例もあり、未然に危機を防ぐことが出来たケースもあるのです。
大切な二人の結婚生活。安心し、信頼して送っていけるように、調査が必要な時があります。

ですが、 結婚相手の身上調査を行うことは違法ではないのでしょうか?

自分の結婚相手、子の結婚相手の身上を調査する場合、プライバシー権を十分に考慮して調査を依頼しましょう。
一般的に、結婚する相手の身上調査は、まったくの他人ではありませんので、調査の目的が正当ですので、
調査の必要性があるとみられています。

ただし、調査方法や調査内容を一歩間違えばプライバシーの侵害として訴えられる可能性があります。


●結婚調査で得られる情報

結婚調査で調査できる情報は、一般的に知られている情報を調査する場合は、なんら問題ありません。
逆に、まわりに知られたくないセンシティブな情報(信仰、肉体的情報など)を調査することはプライバシーの
侵害となります。

また、調査対象の名誉を損うような調査や、強引な調査を行った場合は違法になりますのでご注意ください。

【調査で得られる情報】

 周囲に知られている、もしくは公開されている情報  住所、氏名、生年月日、親族に関する情報、職歴、学歴、勤務先、
 収入、資産、婚姻歴、近隣の評判などの聞き込みなど


※盗聴などの違法調査および差別調査などは行っておりません。
原一探偵事務所についてのご案内【動画】
違法調査は致しません。
原一について
はじめてご依頼をお考えの方へ テレビ番組調査協力実績 ご依頼いただいたお客様の声 調査員のご紹介
コンテンツ
浮気エピソード 原一推奨の盗聴器発見機 探偵110番 原一探偵探検記 ブロガー対談 神取忍さんと対談 採用情報
中国語サイト
その他
浮気調査オンライン見積り
クレジットカードでの支払いもOK!
お支払いにはJCB・VISA・MasterCard・American Express・Dinersの提携カード(クレジットカードにいずれかのロゴがあるもの)すべてがご利用いただけます。