HOME探偵110番 > 生命保険を財産分与とする場合のケース

探偵110番

生命保険を財産分与とする場合のケース

●生命保険を財産分与とする場合のケース

生命保険は、離婚前に満期になっている場合、
名義は問わず、夫婦の共通の財産と認められますので、財産分与の対象となります。

ですが、継続して保険料を支払いしている場合は、
不確定の要素が多く、財産に認められない判例があります。

ですので、満期がまだ先の保険については、
離婚時における解約返戻金の見積もり額を保険会社にお願いし、
その見積もり額を財産分与の対象の対象として清算を行うケースが多くみられます。

※掛け捨てタイプの生命保険は財産分与の対象となりませんので、ご注意ください。

浮気調査のご相談はこちら

原一探偵事務所についてのご案内【動画】
違法調査は致しません。
原一について
はじめてご依頼をお考えの方へ テレビ番組調査協力実績 ご依頼いただいたお客様の声 調査員のご紹介 浮気調査オンライン見積り
コンテンツ
浮気エピソード 原一推奨の盗聴器発見機 探偵110番 対談 原一探偵探検記 ブロガー対談 神取忍さんと対談 採用情報
中国語サイト
その他
浮気調査オンライン見積り
クレジットカードでの支払いもOK!
お支払いにはJCB・VISA・MasterCard・American Express・Dinersの提携カード(クレジットカードにいずれかのロゴがあるもの)すべてがご利用いただけます。