HOME探偵110番 > 財産分与の時効

探偵110番

財産分与の時効


財産分与の請求には時効が有ります。
時効は、民法の第768条の2項によって下記のように定められています。

【民法 第768条】

 1.協議上の離婚をした者の一方は、相手方に対して財産の分与を請求することができる。
 2.前項の規定による財産の分与について、当事者間に協議が調わないとき、
      又は協議をすることができないときは、当事者は、家庭裁判所に対して協議に代わる処分を
  請求することができる。
  ただし、離婚の時から二年を経過したときは、この限りでない。
 3.前項の場合には、家庭裁判所は、当事者双方がその協力によって得た財産の額その他一切の事情を
  考慮して、分与をさせるべきかどうか並びに分与の額及び方法を定める。


財産分与の請求権は、離婚が成立してから2年以内です。
それ以降は、財産分与の請求ができませんので、お気を付け下さい。


浮気調査のご相談はこちら

原一探偵事務所についてのご案内【動画】
違法調査は致しません。
原一について
はじめてご依頼をお考えの方へ テレビ番組調査協力実績 ご依頼いただいたお客様の声 調査員のご紹介
コンテンツ
浮気エピソード 原一推奨の盗聴器発見機 探偵110番 対談 原一探偵探検記 ブロガー対談 神取忍さんと対談 採用情報
中国語サイト
その他
浮気調査オンライン見積り
クレジットカードでの支払いもOK!
お支払いにはJCB・VISA・MasterCard・American Express・Dinersの提携カード(クレジットカードにいずれかのロゴがあるもの)すべてがご利用いただけます。