HOME探偵110番 > 離婚と出産

探偵110番

離婚と出産


離婚から300日以内に誕生した子供は、例外を除き、戸籍上は前夫の子と扱われます。
これは、民法第772条により規定されています。

【民法第772条】  1.妻が婚姻中に懐胎した子は、夫の子と推定する。
 2.婚姻の成立の日から二百日を経過した後又は婚姻の解消若しくは
  取消しの日から三百日以内に生まれた子は、婚姻中に懐胎したものと推定する。

この規定は、子の福祉のために、父子関係を早期に画定し、子供の身分関係を
安定にするために定められています。

もし、子供が、前夫の子ではない場合は、前夫の子として出生届を出した上で、
家庭裁判所で「嫡出否認」や「親子関係不存在確認」の手続きをとることなどが必要になってきます。

また、上記の条例で戸籍上、前夫の子となりますので、養育費の請求も行えます。



浮気調査のご相談はこちら

原一探偵事務所についてのご案内【動画】
違法調査は致しません。
原一について
はじめてご依頼をお考えの方へ テレビ番組調査協力実績 ご依頼いただいたお客様の声 調査員のご紹介
コンテンツ
浮気エピソード 原一推奨の盗聴器発見機 探偵110番 対談 原一探偵探検記 ブロガー対談 神取忍さんと対談 採用情報
中国語サイト
その他
浮気調査オンライン見積り
クレジットカードでの支払いもOK!
お支払いにはJCB・VISA・MasterCard・American Express・Dinersの提携カード(クレジットカードにいずれかのロゴがあるもの)すべてがご利用いただけます。