HOME探偵110番 > 面接交渉が認められないケース

探偵110番

面接交渉が認められないケース

面接交渉権とは、原則として「子供の利益、子供の福祉」のために必要であるか否かが判断基準となりますので、
面接を行うことで子供の成長に悪影響を与える場合には面接交渉を認められない場合があります。

面接交渉が認められないケース
・子供や監護者に暴力を振るう、またそれが原因で離婚した場合
・親権喪失事由としての”著しい不行跡”があるとき(性的不品行や覚醒剤、アルコール依存症や性格破綻など)
・子供が面接交渉を望んでいない場合
・面接交渉を利用し、子供を奪っていこうとする場合
・その他、子供に悪影響を与えたり、子供の利益、子供の福祉に反すると判断された場合


浮気調査のご相談はこちら

原一探偵事務所についてのご案内【動画】
違法調査は致しません。
原一について
はじめてご依頼をお考えの方へ テレビ番組調査協力実績 ご依頼いただいたお客様の声 調査員のご紹介
コンテンツ
浮気エピソード 原一推奨の盗聴器発見機 探偵110番 対談 原一探偵探検記 ブロガー対談 神取忍さんと対談 採用情報
中国語サイト
その他
浮気調査オンライン見積り
クレジットカードでの支払いもOK!
お支払いにはJCB・VISA・MasterCard・American Express・Dinersの提携カード(クレジットカードにいずれかのロゴがあるもの)すべてがご利用いただけます。