HOME探偵110番 > 不倫後の離婚で親権・養育費は?

探偵110番

不倫後の離婚で親権・養育費は?

浮気が発覚して離婚に至る場合、夫婦間に子供がいる際によく聞かれるのが
「浮気をした人間に子供を育てる権利はない」
「浮気をしたのだから養育費は払わない」
というものです。

浮気で離婚に至った場合に親権が取れない、養育費の支払いを
しないというのは、それだけでは認められない事が多いです。

離婚理由としては浮気になりますので、浮気をした側に責任があり、
慰謝料等の請求があれば支払う必要はあります。

●親権

親権に関してはあくまでも「子供の幸せ」を基準として判断されます。
具体的には虐待の有無、子供の年齢や性格、
経済力、愛情、健康状態など、総合的に判断されますので
浮気の行為だけで親権が取れないという事はありません。

ただ、小さい子供を一人で放ったらかして浮気をしていたり、
頻繁に夜遊びに行って浮気をしていたりする場合は
育児を十分に行っていないという事実があるので親権者として
ふさわしくないと判断されることもあり得ます。

現実的には10歳未満の子供は虐待等の特別な理由がない限りは
母親が親権者となり、10歳以上の場合は、子供の意思に任せるケースが多いようです。

●養育費

養育費は子供が成長する為の生活費や教育費に充てられるものです。
離婚した相手の生活を支えるものではない為、
離婚原因がどちらにあっても負担することになるのです。

離婚の原因をどちらが作ったかの夫婦間の問題と、
親の子どもへの扶養義務とは別問題となっています。

浮気調査のご相談はこちら

原一探偵事務所についてのご案内【動画】
違法調査は致しません。
原一について
はじめてご依頼をお考えの方へ テレビ番組調査協力実績 ご依頼いただいたお客様の声 調査員のご紹介
コンテンツ
浮気エピソード 原一推奨の盗聴器発見機 探偵110番 対談 原一探偵探検記 ブロガー対談 神取忍さんと対談 採用情報
中国語サイト
その他
浮気調査オンライン見積り
クレジットカードでの支払いもOK!
お支払いにはJCB・VISA・MasterCard・American Express・Dinersの提携カード(クレジットカードにいずれかのロゴがあるもの)すべてがご利用いただけます。